外食産業へのご提案

HOME >  外食産業へのご提案 >  国産箸
箸袋・箸帯

国産箸

奈良県 吉野産の杉や桧を使用した高級感のある箸です。
杉は細かい木目が美しく、桧は独特の香りと強度を持ちます。


杉天削 柾目

吉野杉は色艶がよく、木目が適度に細かく均一であり、香りも良いことから、割り箸で使用する素材の中では最高級とされています。
天削の加工をすることで、高級感を出しています。

杉利久 柾目

木目の良い吉野杉を中央部をやや太く、割れ目に溝を加工して両端を細くし、面取加工をした箸です。千利休が考案したと言われています。

杉らんちゅう 柾目

細かい木目が美しい最高級の箸です。両端が細く、中央部が太く平らになっており、おもてなしやお祝いの席にぴったりの一品です。

杉らんちゅう 赤柾

杉材の赤身(芯に近い部分)の中から厳選した希少部位を加工し、高級感のある箸に仕上げています。

桧元禄

元禄箸は、角の部分を削り、割れ目に溝をつけて割りやすくした割箸です。 桧独特の香りと箸の強度を持ち合わせています。

桧元禄天削

「天削」とは、箸の部分を斜めにカットした割箸で、割箸の上下を逆にするなという意味です。

桧板削

桧独特の香りと箸の強度を持ち合わせた箸です。

杉天削(すぎ てんそげ)2

杉利久(すぎ りきゅう)2

杉らんちゅう 柾目2

杉らんちゅう 赤柾2