和紙の加工技術

HOME >  和紙の加工技術
長井紙業の工場・職人のご紹介

オフセット

非常に高精細な表現が可能な印刷方式ですが和紙に印刷する際には給紙や紙粉などの問題に対し あらかじめ設備を調整しています。刷版に於いても高精細なCTP用FMスクリーニングを導入しています。

オフセットの様子 オフセット

凸版印刷

凸状の印刷版にインキを載せ転社する方式でさまざまな印刷機械があります。 和紙印刷には木版画に代表されているような趣のある表現ができます。 多色印刷をする際には手間の掛かる作業ですがそれにも勝る出来栄えが最大の魅力です。

凸版印刷の様子 凸版印刷

箔押し

熱転写により箔を印刷する方法で豪華で存在感のある金銀のほか、単色やホログラムなどがあります。


箔押しの様子 箔押し

空押し、浮出し

箔を使わずレリーフ状の柄や文字を浮き立たせる技法で落ち着いた趣のある表現が可能です。透かし加工柄の部分の紙厚を薄くする技法で光に透かすと柄が際立ちます。卒業証書や賞状などに使用されます。

空押し、浮出しの様子 空押し、浮出し

薄紙印刷

透き通った柔らかな質感が魅力の薄紙は一般的にはロール紙へのグラビア印刷が一般的ですが、製造ロットが多くなることが難点でもあります。 給紙を手差しすることで小ロットのオフセット印刷も可能ですが皺を出さずに印刷する技術が必要になります。

薄紙印刷の様子 薄紙印刷

特殊抜き

帯状の歯を自由な形に曲げ打ち抜きの型を作ります。パッケージなどを製造するには必要不可欠な作業です。

特殊抜きの様子 特殊抜き

製袋

手提げ、封筒、ポチ袋、箸袋から爪楊枝袋まであらゆるサイズの製袋が可能です。

製袋の様子 製袋

折り加工

自動折機では様々なサイズに対応可能です。多当や三折箸袋のほかカードなどの製造に使用されます。

折り加工の様子 折り加工

シール印刷

シール用のロール紙に印刷、抜き加工を行うのが一般的ですが、特殊紙に糊引きした原紙を作ることも可能です。

シール印刷の様子 シール印刷

製本

ノート、便箋、メモ、会計伝票など用途に合わせた製本や、ページ毎の柄を変える自動帳合も可能です。

製本の様子 製本

製函

贈答品や高価なものを入れる箱も和紙を使うことで美しさと高級感を付加することが可能です。

製函の様子 製函

水引加工

室町時代から伝わる水引は独自の伝統美を今に受継ぎ時代とともに様々な分野で使用されています。

水引加工の様子 水引加工

ラミネート

紙とポリエチレンなどの化成品を熱溶着させることで耐水性や機密性を高めます。和菓子の包装等にも使用されます。

ラミネートの様子 ラミネート

内職加工

機械では加工出来ない商品の手工業品の製造から検品、個包装仕上げまでを一貫作業で承ります。

内職加工の様子 内職加工

その他の印刷

仕上がりの風合い、紙の特性、2次加工の有無、製造ロットやご予算などに合わせて様々な印刷が可能です。 不織布へのオフセット印刷や高精細なフレキソ8色印刷などは一般ではあまり見られない特殊な印刷物といえます。

その他の印刷の様子 その他の印刷

エンボス

インクを使わず紙に模様を入れたり手触りをよくする技法で様々な柄(型)を用意しています。 折加工自動折機では様々なサイズに対応可能です。多当や三折箸袋のほかカードなどに使用が可能です。

エンボスの様子 エンボス

透かし加工

柄の部分の紙厚を薄くする技法で光に透かすと柄が際立ちます。卒業証書や賞状などに使用されます。

透かし加工の様子 透かし加工

縁染め

紙の断裁面(縁)を染める技法です。印刷とは異なる独特の風合いと手作業ならではの味があります。

縁染めの様子 縁染め

揉み加工

熟練した職人が紙を揉みしだき、独特の風合いと味を出します。祝儀用品や贈答箱などに使用されます。

揉み加工の様子 揉み加工

合紙

異なる風合いや厚さの違う紙を張り合わせることで単紙では出来なかった表現と商品加工が可能になります。

合紙の様子 合紙