和紙に印刷や和紙の加工はご相談ください。紙製品やのし袋、箸袋、販促商品も作成いたします。

和紙に印刷 長井紙業株式会社

長井紙業のブログ

記事一覧

和紙ファイルのご紹介

2021年10月04日

和紙ファイルのご紹介

長井紙業のエコ商品「和紙ファイル」をご紹介いたします。発売から10年以上、たくさんのお客様に使っていただいている人気商品です。

「和紙ファイル」とは?


和紙ファイルとは、2012年から長井紙業が販売している紙製のクリアファイルの形状をしたファイルです。

地方自治体、教育機関、イベント関連の業者様からのご依頼が多いのですが、プロモーションやノベルティ用途でご注文をいただき、ご要望に沿ったサイズやデザインで和紙ファイルを製作し納品しております。過去には、2020東京オリンピック・パラリンピック招致公式応援グッズとしてご発注いただいたこともございます。

別注でのご注文は、和紙の種類(洋紙も選択可能です)、サイズ、印刷を含む、様々なご要望をお受けしております。また、新型コロナウィルスの感染症の影響によりご希望される方の多い、抗菌和紙を使用した和紙ファイルや、お好みの和紙への抗菌・抗ウィルス加工(Lock3塗布)も対応しております。
ご要望が多いのは、雲竜紙やFSC雲竜紙を用いたA6~A3サイズの和紙ファイルの製作です。1,000枚あたりの参考価格としては以下の通りとなっています。
 ・A4和紙ファイル(雲竜紙)印刷加工込 52円/枚
 ・A4和紙ファイル(FSC雲竜紙)印刷加工込 54円/枚
 ・A4和紙ファイル(FSC雲竜紙)印刷加工、抗菌・抗ウィルス加工(Lock3塗布) 64円/枚
詳しくは、長井紙業までお問い合わせください。

既製品としても、A4サイズ・無地の和紙(雲竜、鳥の子、奉書、FSC雲竜、FSC片艶クラフト)で作成した和紙ファイルを長井紙業通販サイト(江戸長ドットコム)等で販売しております。こちらはそのままご利用いただいても美しい和紙の質感を楽しんでいただけるものとなっておりますが、お手持ちのプリンタのサイズが対応していれば、印刷してオリジナルのファイルとしてご利用いただくことも可能です。

なぜ和紙ファイルがSDGs対応のエコな製品?


長井紙業の紙製品は国連が採択した「SDGs」(持続可能な開発目標)の14分野に貢献する「FSC森林認証」を受けた木材を使用しています。和紙ファイルも「FSC(CoC)認証」商品をラインナップしており、脱プラスチックに加えて森林環境保護にも取り組んでおります。
環境対策への取り組み | 長井紙業株式会社

将来、全てのプラスチック製クリアファイルは和紙ファイルに替わる?


和紙ファイルとプラスチック製クリアファイルを比べると、単価や耐久性の面ではプラスチック製クリアファイルに分があります。
しかし使用用途によっての「使い分け」といった形で、和紙ファイルが広がっていくのではないでしょうか。

脱プラ、SDGsといった環境対策では、和紙ファイルが優れていると考えておりますが、他にも良い面があります。

まずは衛生面です。
素材となる和紙の特性とも言えるのですが、調湿効果があるので静電気が起こりにくく、ゴミやほこりが付着しません。そういったことから、大切な書類を長期保存す場合に和紙が使われることもあります。また弊社オリジナルの和紙には抗菌機能を加えた和紙もございます。こちらは表面にのみ抗菌加工をしているファイルと異なり、擦っても抗菌機能が低下しません。

使い勝手としても良い所があります。
紙でできているので、自前のプリンタでもロゴを印刷するなどのカスタイマイズが容易ですし、直接の書き込みも可能です。持ち運び時に必要であれば折ることもできますし、使用後は書類を入れたままリサイクル・シュレッダー廃棄・可燃物としての処理が可能です。

安全面で選ばれることもあります。
プラスチック製クリアファイルは素材の特性により角が固く鋭角なので、手に刺さって痛い思いをしたことはないでしょうか。和紙ファイルは角が丸いものもご用意できますので、保育園・幼稚園・小学生低学年を対象とする教育機関や、高齢者施設でも利用されています。

和紙ファイルの良さはどんなところ?


何と言っても特別感でしょうか。
手に取っていただけると伝わるのではと思うのですが、よくあるプラスチック製のクリアファイルとは異なる、また洋紙とも違う和紙の存在感を感じていただけるのではと思っております。

ぜひ、大事な書類の受け渡しや、記念品、ノベルティ用として使っていただけたらと思います。